終末のハーレム2巻第11話ネタバレ無料全話・最新話

終末のハーレム全話・最新話が読める!⇩

今だけ!無料1か月読み放題はこちら

 

終末のハーレム【2巻】第11話 世界宣言

第11話あらすじ

1.水原怜人のメディアでの演説がある

2.MKウイルスの研究施設の使用が許可されUW日本支部の幹部が話し合う

3.ナンバー3の担当官神谷花蓮(ロリ系)が登場する(裸)

第11話ネタバレ

水原怜人は演説でコールドスリープしてたことワクチンを作ることを宣言した。

水原は頭も良いしかっこいいですね。

そしてUWが何を企んでいるのか、だれがウイルスを作ったのか突き止めることを決心した。

さすが主人公ですね!

UW日本支部は水原怜人の存在を明かすことによって本部がどう動くのか探っていたのだ。

彼女らは世界のUWの主権を狙っていたのだ。

一方でナンバー3がこれから登場する模様です。

担当官は神谷花蓮でロリ貧乳ということが判明しました。

これで3人目のロリ系です(笑)

 

つづく

 

終末のハーレム全話・最新話が読める!⇩

今だけ!無料1か月読み放題はこちら

 

トップページに戻る

 

コメントを残す




CAPTCHA